相続税をあとから払うのは可能?

相続

相続税に関してあとから払おうと思っている方も多いのではないでしょうか。
実際に相続税に関しては相続するものがあると知ってから、10か月以内に申告して納税しなくてはなりません。
そのため、ある程度の猶予はあると言えるでしょう。
しかし、その場合に「あとからでも良いよね」と思っていると、気付けば申告・納税の期間を過ぎているということも多々あります。
悪質な場合は重加算税が課せられるのはもちろん、悪質ではない場合でも延滞税がかかることもあります。
税金の支払いは、あとからではなくしっかりと先に支払うことが必要となるでしょう。
それを前提として考えておくことが必要となります。

しかし、人によっては相続税に関して「支払いたいけれど支払うことができない」という方もいるかもしれません。
事実、被相続人の遺産が現金などの場合は、そこから支払うということもできます。
しかし、多くの場合は土地や建物など、不動産である場合が多いです。

一般の家庭では宅地として使っているものや住居として使っているものが多く、それらを相続しても当然のように相続税はかかります。
相続税に関しては、実際に現金だけではなく、さまざまな財産や資産に課せられるものなのです。
ただ、一般の家庭の場合はまだ対処できるかもしれませんが、人によっては対処が難しいケースもあります。
例えば農家などの場合は、農地として利用しているものがかなり広大なケースもあるでしょう。
そうなった場合、やはり対処するのがかなり大変になります。
当然ですが土地や建物の財産評価をおこなって、それに合わせて税金を計算し、支払うことが必要です。
ただ、土地や建物は当然ですが現金ではないので、結局は自分の生活の中で稼いだ現金から支払うことが必要となります。
それが負担を大きくし、人によっては支払い困難な状態になってしまうのです。
そこだけは避けておきたいところです。

それらの方に向けて、相続税ではあとから支払うことができる制度を設けています。
事実、借金やローンではなく税金なので、支払い義務が消えるということはありません。
必ず税金というのは支払うことが必要となります。
しかし、あとから支払うようにできると、金策をおこなうこともでき、しっかりと支払っていくことができるでしょう。
これらに関しては一定の金額だと可能となっているので、まずは税理士などにも相談してみてください。

それが解決への秘策です。