相続税対策の基本について

あなたは、自分の家族や親族から「遺産を相続」したことがありますか?
どんな人でも、亡くなった人の財産を受けるということは「不労所得」という考え方になるため「相続税」がかかります。
ただ、もらうべきものをもらっただけにも拘わらず、なぜ「相続税」を払わないといけないのか…と思う人も少なくないようですが、相続税はきちんとした対策を取ることで損をせずに済みます。

しかし、相続の手続きというものは実際に相続が発生してから対策を取ることができません。
相続が発生した時には、既に相続額がある程度決まっているため、合わせて支払うべき相続税の額も決まっているからです。
ですから、相続税対策をしたいと思ったら前もってきちんとしておくようにしましょう。
では実際に、どのようにして相続税対策を行っていけば良いのでしょうか?
そこでここでは、相続税対策の基本についてお伝えしていきます。

まず、相続税の申告は被相続人の死亡を知った翌日から10ヶ月以内に行うと決められていますから、相続税に関する準備は前もってしっかりしておきましょう。
また相続税は原則として現金で支払うことになっていますから、納税の際には現金を準備しなくてはなりません。
不動産などを相続する際にはある程度現金に換えておくようにすると、先々の支払いや手続きもスムーズになります。
遺産分割協議のことを考えても、不動産や株式などは現金に換えておくことで相続人同士の争いを回避することができるのでオススメです。

では、具体的な相続税対策の基本として、どのような方法があるのでしょうか?
簡単な方法としては、生命保険を活用したり相続人を増やすことで、課税対象を減らす方法があります。
相続税の基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人」という計算になるので、相続人が増えると非課税分になる部分が増えるそうです。
他にも、贈与を利用したり不動産の評価を下げることでできる相続税対策があります。
いずれにしても、こちらに基本的な方法をお伝えしたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。