遺産相続の相談は誰にするのが一番良い?

今日まで仲良く暮らしている家族が、急な身内の不幸から家庭崩壊の危機に直面する…そんな事態を招きかねないのが「遺産相続」の問題です。
自分自身で会社を持っている人やビル・マンションなどの不動産を所有している人など、ある程度の財産を所有している人にとっては、決して他人事ではない問題です。
しかし、一般的な暮らしをしているような人々にとっては「うちには財産なんてないから…」と、遺産相続の問題とは無縁だと思っているようです。

これは本当に大きな間違いです。
遺産相続とは、所有している財産の価値や預貯金の額ではなく、家族がいて家や車を所有していれば誰にでも起きうる問題なのです。
ですから、どんな立場にいる人でも遺産相続に関する知識というのはきちんと持っておく必要があります。

そもそも遺産相続は、基本的に亡くなった人の「遺言書」に基づいて行われます。
ただ、遺言書には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があり、公正証書遺言なら内容に不備がはないのですが、自筆証書遺言の場合にはその内容に不備があることも少なくありません。
遺言書に少しでも不備があると、そこから遺産相続トラブルが発生してしまうので、そうならないためにはきちんと準備をしておくことが大切なのです。
では実際に、遺産相続のために行う様々な準備というのはどこに相談するのが一番良いのでしょうか?
ここでは、遺産相続に関する相談を受けてくれる人をお伝えしておきます。

遺産相続に関する問題というのは、民法などの法律に絡んだ問題であることが多く、また各種手続きも家庭裁判所などの司法機関で行います。
ですから、相談する相手というのはやはり「法律の専門家」にするのが一番良いと言われています。
弁護士はもちろん、相続関係の書類を作成することができる司法書士や、遺産相続後の相続税に関する専門家でもある税理士に相談するのも良いですね。
このように、法律に詳しい専門家であれば遺産相続に関する様々なトラブルを回避しながらきちんと対応してくれるでしょう。
あなたも、将来のためにしっかり覚えておいてくださいね。