相続を受ける権利がある法定相続人とは?

どんな人の身の上にいつ降りかかってくるか分からない「遺産相続問題」。
遺産相続問題には金銭が絡んでくるため、いくら家族といってもトラブルに発展してしまうことが少なくありません。
そのため、遺産相続のために必要な準備というのは「今」必要でないと思っていても将来のために前もって準備しておくようにしましょう。
そうは言っても、具体的にどんな準備をしてよいか分からないという人は多いのではないでしょうか。
そこでここでは、遺産相続に関する基本的な知識を分かりやすくお伝えしていきます。

「遺産相続」とは、亡くなった人が生前所有していた財産を家族や親せきに譲り渡すことで、法律にもそのことはきちんと明記されています。
通常、亡くなった人が遺言書を残していれば遺言書の内容に沿って遺産を家族や親せきで分配するのですが、誰もが遺言書を残しているとは限りません。
そこで民法に示されているのが、あらかじめ遺産を相続する権利を持つ「法定相続人」です。
法定相続人とは、遺言書などがなくても法律によって遺産を相続する権利を持つ相続人のことで、基本は亡くなった人の配偶者やその子ども、そして親や兄弟姉妹が対象となります。

また、亡くなった人の子どもが未成年の場合には「特別代理人」という人を立てないといけません。
例えば、あなたが亡くなった後にあなたの配偶者と子どもたちで遺産を相続するとします。
そうなると、あなたの配偶者とあなたの子どもたちは実の親子なので、基本的には未成年者の特別代理人は親である保護者がします。
しかし、遺産相続の場合にはいくら実の親子であってもその間に「利害関係」が生じるので、特別代理人になることができないのです。
そのため遺産相続の際に法定相続人の中に未成年者がいる時には、基本的な手続きの他に代理人選任の手続きが必要になります。

このように、遺産相続の時には思いもよらない手続きなどが発生します。
ですから、まずは基本的なところをしっかり理解しておき、臨機応変な対応ができるように備えましょう。