基本的な遺言書の書き方について

人間というのは、いつどこで人生を終えるのか…当然ながら、誰にも分からないものです。
いつどこで人生を終えても後悔しないように「万一の場合に対する備え」は老若男女を問わずしっかりしておく必要があります。
そうしたことから最近では、世代を問わず「終活」という言葉が注目されています。

「終活」というのは、人が人生を終えるにあたって困らないようにするための様々な準備です。
また、自分自身が「自分らしく」人生の幕を引くための準備であり、残していく家族に対しての準備でもあります。
ですから、自分が入るお墓や骨壺を決めておいたり、自分のお葬式をあらかじめ段取りしておくことももちろん大切ですが、残していく家族のための準備もしっかり行っていきましょう。

そこでぜひ知っておいてもらいたいのが「遺言書の書き方」です。
遺言書というのは、あなた自身が家族へ残す最期のメッセージであるとともに、あなたが築いた財産を家族へ受け継いでもらう「遺産相続」に関する指針書でもあります。
あなたの大切な家族が、あなたの死後に遺産相続で争うことのないように、きちんと法的効力のある遺言書を残すことが大切なのです。
では実際に、法的効力のある遺言書とはどのように書けば良いのでしょうか?
ここでは、遺産相続をスムーズにする遺言書の基本的な書き方についてお伝えしていきます。

まず「法的効力のある遺言書」にするためには、必ず「日付」「遺言(遺産の相続など)内容」「遺言者の署名捺印」を自筆または公正証書として残すようにしましょう。
遺言書には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があり、きちんとした形式で書かれてさえいれば自筆で書いたものも遺言として認められます。
特に、遺産相続に関する遺言書である場合には、相続内容の優先順位は遺言書が一番高いので、きちんと書いてさえいれば家族が争うこともありません。
相続したい遺産をきちんと明記し、それらを「誰に」「どのくらい」「いつまでに」分割して相続してもらうのかを書いておくようにしましょう。

このように、基本的な書き方が理解できていれば、わざわざ法律の専門家に作成を依頼しなくても自分で遺言書を作成することができます。
あなたもぜひ、こちらの内容を参考にして自分の遺言書を書いてみてくださいね。
そうすることで、思った以上に家族に対する愛情が深まるかも知れません。