基本的な相続手続きの流れとは?

人の人生とは、いつどのようなことが起こるか誰にも分かりません。
ですから、万一の時に対しての備えというものは老若男女問わずにきちんとしておくことが大切です。
しかし、家族や親族に急な不幸が訪れてしまった時というのは、どんな人でも気が動転してしまうものですよね。
万一の時にパニックになって取り返しのつかない間違いを犯さないでいいように、基本的なことは今のうちからしっかり覚えておくようにしましょう。

そこでここでは、家族や親族の万一の不幸に備えて、遺産相続の際の「相続手続き」の基本的な流れについてお伝えしていきます。
そもそも遺産相続の手続きというものは、亡くなった人の生活状況や財産額などに応じて決められるものなので、手続きがとても広範囲に及ぶ場合もあります。
ですから、ここでお伝えする基本的な手続きの流れを参考にしてスムーズに手続きするようにしてみてください。

まず、遺産を相続ずる相続人を確定するところから手続きを始めます。
遺産を相続する被相続人が亡くなってから2ヶ月以内には、戸籍を集めて「誰が遺産を相続する権利を持っているのか」を確定させていきます。
遺産を相続する権利を持つ相続人が複数人いる場合には「遺産分割協議」というものを行わなくてはなりません。
この権利を持っている人が誰なのかを確定するために、戸籍を収集して確認する作業を行います。

次に、亡くなった人がどのくらいの財産を所持していたのかを確認する「相続財産の棚卸し」や実際の手続き方法を確認する作業を行いましょう。
相続する財産を全て確認すると、不動産や株式、また預貯金などの財産が出てきます。
これらはそれぞれに手続き方法が異なるため、それぞれの専門機関で手続きを取るようにします。

ここまでを、被相続人が亡くなってから3ヶ月程度で済ませ、いよいよ実際にどのように遺産を分けるかを決める「遺産分割協議」に入るのです。
もし被相続人が遺言書などを残している場合には、この遺産分割協議の場で初めて遺言書が開封されます。
遺産を相続後に発生する相続税の支払い期限などから考えると、この話し合いは相続財産の確認後半年前後で行うと良いでしょう。
そうして、分割する遺産の割合が決まったら、被相続人の1周忌を迎える頃に遺産を相続することができるのです。
このような、基本的な相続の流れは万一の時に備えてしっかり理解しておきましょう。